<% content.title %>スポンサードリンク


アウトドア&フィッシング ナチュラム

サビキ釣り釣り方入門


サビキ釣りはとても簡単な釣りです。

ここでは、サビキ釣り入門ということで堤防などからのサビキ釣りを主に説明します。

釣りそのものが初めての方は誰かアドバイスをもらえる人が欲しいですね。

子供をサビキ釣りに連れてい行こうとしているお父さん!

みんなで行く前に試し釣りに行ってみたほうがいいですよ!

父の威厳を保つ為にも・・・

サビキ釣り仕掛けは市販されていますので、それを使います。

マキエカゴは下に付ける方が取り回しが簡単なので下に付けます。

サビキ釣りの仕掛けは、リールからの糸、サビキ、マキエカゴ(オモリ付きのもの)の順です。

あとは、マキエカゴにアミなどのマキエを入れて、サビキ仕掛けを海中に入れていきます。

着低させたら、少し底を切って仕掛けを上下させます。

そしてれなければ、さらに少し巻き上げてサビキ釣りの仕掛けを上下させます。

上記を繰り返し、れる層(釣りの言葉で棚と言います)を探していきます。

アタリがあったら、その棚を重点的に狙って魚をっていきます。

周りを見渡して、れている人の棚をまねするのも有効です。

魚が掛かったら、そのまま巻き上げて魚を取り込みます。

サビキ釣りは手返し勝負です。

そして、時にサビキ釣りにも小技を・・・・・・

竿先を上下したその下に竿先を下ろしたタイミングで、竿をこぶしでドンドンとたたきます。

サビキ針が小刻みに振動して、魚の食いが良くなることがありますので、やってみてください。

なぜ下に下ろした時かというと、サビキ釣りでは下にマキエカゴを付けた場合は下ろした時にサビキの周囲にマキエがまとわり付いている状態なのです。

だから、そのタイミングが一番有効!

そして、った魚はすぐにクーラーBOXへ入れましょう。

バケツなどに生かしておいてもすぐに死んでしまいます。

サビキ釣りれた魚を美味しく食べる為にはクーラーBOX直行が一番です。

そして、った魚を持ち帰る前に内臓とエラくらいは下処理をして持ち帰りましょう!

たくさんれたら、そりゃぁもう大変な作業です。

そのまま持ち帰ったら奥さん大激怒!!!!

ウロコまで取って帰ったら、即食材として使えます。

奥さんもカラアゲくらいすぐに作ってくれますヨ。

そしてお父さんはサビキ釣りった釣りたての魚のカラアゲでビールをグビッっと・・・・

お父さんお疲れ様!

あと、子供さんの教育にも大事なこと、それはマナーです。

皆が気持ちよく釣りが出来るよう必ずマナーを守りましょう!



■スポンサードリンク■


posted by ラテスJP at 14:42 | サビキ釣りの釣り方入門


アフィリエイトならリンクシェア
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。