<% content.title %>スポンサードリンク


アウトドア&フィッシング ナチュラム

サビキ釣りの準備をしよう


サビキ釣りは全国各地で盛んですね。

サビキ釣りれる魚はどんな魚なのでしょう?

アジ・サバ・コノシロ・イワシ・イサキ・・・・色んな魚がサビキ釣りれます。

そして、これらのサビキ釣りれる魚は比較的痛みやすい魚たちです。

これを最上の鮮度で調達できるのは・・・・・・・・

そう、釣り人です。

魚なんてスーパーで買ったほうがいい!っていう方には分かりません!

鮮度の良い魚を調達出来る手段は釣りしかない!

さあ、まずは道具をそろえるのですが、その前に身近な釣り場(環境)をいくつか調べてみましょう。

場の環境と、家族でサビキ釣りに行くならトイレや駐車場安全面も確認しておきましょう。

場の調査が終わったら具屋に行き、「家族でサビキ釣りをしたいのですが、お勧めはどれ?」と言って具屋の店員さんに聞きます。

このとき、調べてきた場の釣り情報も聞いちゃいましょう。

道具は安物で十分ですが、サビキ釣りで使う竿の長さは調べた場の状況を元に具屋の店員さんに相談しましょう。

具屋さんを選ぶコツは、品揃えがたくさんあるお店です。

スカスカの具屋はハッキリ言ってダメです。

一般的な釣りの初歩では、竿、糸、針、浮き、エサといったところですが、サビキ釣りでは釣針の部分がサビキ仕掛けに変わり、エサの部分がマキエに代わり、リールが必用となります。

ここで釣りのマナーの話をしましょう。

大きく分けて、2つあります。

1つ目は環境に対するマナーです。
きれい事を言うのは好きではないので、最低限の話。

「自然に還らないものは捨てない!」

使用後のサビキ釣り仕掛けをその辺に捨てて帰らないように!

2つ目は人に対するマナーです。
声を掛けられたく無い方もいますので、必ず挨拶とかは言いません。

これも最低限の話。

「その釣り人の邪魔をしない!」

海でも川でも湖沼でもり人のマナー向上をめざしましょう!

そして、安全対策は万全に!

堤防などのサビキ釣りであっても、ライフジャケットの着用をお勧めいたします。

また、サビキ釣りの仕掛けは針の数か多いので引っかからないよう十分注意してください。



■スポンサードリンク■



posted by ラテスJP at 14:37 | サビキ釣りの準備をしよう


アフィリエイトならリンクシェア
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。