<% content.title %>スポンサードリンク


アウトドア&フィッシング ナチュラム

サビキ釣りとは


一本の幹糸に複数のエダスを付け、魚皮やスキン(ゴム)を使って小魚や甲殻類に似せた針をその先に結びつけた仕掛けをサビキサビキ仕掛け)と言います。

そのサビキ仕掛けを使って釣りをするからサビキ釣りということ。

サビキはその糸の強さや針の大きさを変えることによって堤防の小アジ釣りから、船から狙う比較的大きな魚(イサキ釣りやアジ釣りやサバ釣りなど)の釣りまで広く利用される仕掛けです。

サビキ釣りサビキ仕掛けは具屋さんで市販されており、自分で作る人はあまりいません。

サビキ針はルアーのような役割を果たします。

サビキ仕掛けは状況によって上部か下部にマキエカゴを取付けるのが一般的です。

サビキ釣りのマキエカゴに ”アミ” などのマキエ(コマセ)を入れて魚を寄せます。

サビキ釣りは、このルアー効果とマキエ効果によって魚がサビキ仕掛けに近づき、マキエと勘違いしてサビキ針に食いつくものや、仕掛けの動きに反応してサビキ針に食いつくものがれてきます。

マキエカゴが下の場合のサビキ釣りは仕掛けをおろすことによってマキエがサビキ仕掛けの周囲に撒かれます。

マキエカゴが上の場合のサビキ釣りは仕掛けを揺することによってマキエがサビキ仕掛けの周囲に撒かれます。

堤防などでのサビキ釣りでは、マキエカゴが下のサビキ釣りが一般的です。


■スポンサードリンク■




posted by ラテスJP at 14:44 | サビキ釣りとは


アフィリエイトならリンクシェア
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。